4人の創業者と経営理念

ライフプラスの創設者、J.ロバート(ボブ)レモン

ライフプラス・インターナショナル社の創設者であり、前CEO(現会長)の、『J.ロバート(ボブ)レモン』氏です。(以下ボブ・レモン会長)

サンタクロースのような、立派な白いおひげをたくわえた、温厚な優しいおじいちゃん、というイメージの方です。

ボブ・レモン会長は、1965年オハイオ州立薬科大学の薬学部を卒業し、認定薬学博士の称号も取得されています。

大学卒業後は、薬剤師として社会人第一歩を踏み出すわけですが、その後彼はフロリダで自ら起業し、薬局チェーン事業を展開していきます。

この会社は当時では珍しい“良質なサービス”と“良心的な価格体系”をウリにすることで大ヒットとなり、お客様はひっきりなしに押し寄せ、みるみる売り上げを伸ばして大成功を収めたそうです。

しかし、驚くことに、ボブ・レモン会長はその成功に、実は満足していなかったというのです・・・。

ビジネスで大成功したのにもかかわらず、満たされない彼の心。。。

どうして、彼の心は満たされなかったのでしょうか?

それは・・・彼の心の中にあって、決して消えることのなかった、『1つの矛盾』でした。

当時、ボブ・レモン会長は薬剤師として1日に1,000件以上もの処方箋を手がけるほど、忙しい毎日を送っていました。

来る日も来る日も、彼のお店にはたくさんの患者が押し寄せ、次から次へと処方箋を書く一方で、患者の健康状態は薬ではいっこうに改善されていないという現実に直面し、そこに1つの大きな“矛盾”を感じて悩んでいたそうです。

ボブ・レモン会長の決断とは!?

そこでボブ・レモン会長は『科学的に合成された薬ではなく、人間のからだにやさしい、自然の成分を活用した、もっと抜本的な健康管理方法を追求していくべきだ!!』

と考え、ナチュラルセラピーという“自然療法”について研究することを決心したのです。

ボブ・レモン会長が自然療法に注目したのはなぜか?

それは、彼がオハイオ州でインターンシップとして働いていたころの、ある薬剤師との出会いがきっかけだったのです。

その薬剤師は、病気の予防や治療にサプリメントを積極的に活用しており、ある脳腫瘍を患っている女性に対し、リアトレル(制癌剤)という、あんずの種からできたサプリメントを処方していました。

するとその女性は、10日後には正常な状態に戻ったというのです!

ちょっと信じられないことかもしれませんが、このケースのような、栄養が人体に与える影響と、わたしたち人間が本来持っている、自然治癒力のすごさを目の当たりにした彼の実体験が、彼に自然療法への強い興味を抱かせたのでしょう。

その後、ボブ・レモン会長は、

『体内の正常な細胞までも殺してしまう可能性のある薬の投与をやめて、栄養素と酵素による治療で人々を助けたい!』

という強い信念のもと、ドイツでさまざまな医学者、薬学者、研究者とともに自然療法の研究を積み重ね、そして栄養療法のカウンセラーとしても、多くの患者から信頼を得ていったのです。

その後・・・自然療法を用いた栄養療法を望む患者に対応するために、ボブ・レモン社長はある会社に協力を求めました。

それが、当時もっとも歴史と伝統があり、製品の品質においてたいへん評判の高かった医療用栄養補助食品メーカー『VMニュートリーフーズ』社だったのです。

VMニュートリーフーズ社は、医師が患者に処方する栄養補助食品を専門に製造していた老舗メーカーで、おもに病院などの医療機関に対し、商品を卸していました。

そのVMニュートリーフーズ社の協力のもと、ミネラルをはじめ、各種アミノ酸とハーブの特殊な配合方法の研究と、世界最先端技術を用いた製品開発を行いながら、サプリメント業界へ進出して行くこととなります。

その後、ボブ・レモン会長は大成功をおさめた薬局チェーンを売却し、1992年には、サプリメントの製造を委託していた、VMニュートリーフーズ社を事実上買収しました。

この会社を買収したのは、ボブ・レモン社長にある『夢』があったからなのですが、彼の夢って何だったと思います?

彼の最終的な夢、それは・・・

『この会社が作る素晴らしいサプリメントを、一般消費者の手に渡るようにすること!』

だったのです。

そんな経緯から、今でもボブ・レモン社長が掲げるライフプラス社の理念は

『一に製品力、二に製品力そして三にも製品力』

というライフプラス社の利益よりも製品力を優先し、より高品質なサプリメントを世界中に届けたいというものです!

しかし、彼の力だけでは、それをすぐに実現することはできませんでした。

彼の、この『夢』を実現させたのは、のちにライフプラス社の共同経営者となる、ある3人の人物との出会いだったのです。

ライフプラス社の共同経営者として、現在も活躍し続ける、この3人の協力があったからこそ、いまのライフプラス社がある!

そう言っても過言ではないくらいです。

実業家としての才覚に秀で情熱に溢れる、ビル・エバンス

共同経営者のひとり『ウィリアム(ビル)・T・エバンス』氏がボブ・レモン会長と出会うには一つの大きなきっかけがありました。

ビル・エバンス氏がボブ・レモン会長と出会ったのは、ビル・エバンス氏の人生最大の危機ともいえる時期でした。

それは、彼の妻(メアリー・アン)が“末期がん”と診断されたことで、彼が人生最大の危機に直面していた、ということです。

末期がんの状態で余命わずか半年と宣告されていたメアリーですが、彼女は緊急放射線治療を受けただけで、その後は化学療法を受けることをいっさい拒んだのです。

彼女が化学療法を拒んだ理由は、彼女の兄が白血病を患い、化学療法による治療を受けるも、その副作用に苦しみながら亡くなっていく様子を、目の当たりにしたという経験があったからだそうです。

彼女の望みは、病院のベットで、薬の副作用に苦しみながら最期を迎えることではなく、愛する家族と旅行に出掛けたり、残された貴重な時間を幼い子供たちと一緒に過ごすことでした。

そんな、家族の一大危機に直面していたこの頃に、ビル・エバンス氏はある医師(ドワイト・マッキィ氏)と出会うのですが、その医師から紹介されたのが、ボブ・レモン会長だったのです。

ボブ・レモン会長の『自然療法』に興味を持ったビル・エバンス氏は、メアリー・アンの主治医とともに、サプリメントを用いて彼女の健康回復に努めました。

ドクターマッキィ氏の治療とボブ・レモン会長の手がける栄養補助剤で良質な栄養素を補っていった結果、余命半年と宣告されたメアリーは、その後23年もの間幸せな人生を送ることが出来、自分の子供たちと余生を楽しめたばかりか、夢にまで見た孫にも会うことが出来たのです。

ビル・エバンス氏(元ナスダック上場企業プロデンテック社オーナー)は実業家として当時とても秀でた存在で、ビジネスを成功に導く勘と強い情熱を持っていました。

いっぽう、ボブ・レモン会長には、栄養学と薬学の豊富な知識がありました。

ビル・エバンス氏はボブ・レモン会長の栄養補助食品に対する情熱に感動し、二人はビジネスパートナとしてライフプラスの躍進の原動力となっていくのです。

製造システムと品質管理のエキスパート、ティム・ノーラン

ライフプラスの本社を、現在のアーカンソー州ベイツビルに移転させた頃、「ディモシー(ティム)・A・ノーラン」氏(元VMニュートリフーズ社社長)が経営に参加することとなります。

“製造システム”と“品質管理”における分野に、豊富な知識を持っていたティム・ノーラン氏が経営に加わることで、サプリメントの製造における高度な品質管理システムを実現させました。

その結果、ライフプラス社の経営はさらに安定していきました。

今もなお、徹底した『品質管理』のもと、『無借金経営』を続けるライフプラス社。

そこには、彼の存在が大きいのでしょう。

そして・・・ボブ・レモン氏、ビル・エバンス氏、ティム・ノーラン氏、彼ら3人は、ボブの最終的な『夢』である、

『自然療法に則った、安全で質の高い、効果の期待できるサプリメントを、多くの人たちに提供する!』

ために、最も効率的な流通方法を追求することにしました。

その結果、最先端の栄養補助食品を、人から人へ“紹介”していく、という“紹介方式”で販売するリファーラルマーケティング手法を選んだのです。

リファーラルマーケティングとは:

口コミを活用することで無駄な広告や宣伝費をかけることなく、製造メーカーと消費者が直接つながり、作り立ての新鮮な製品を、適正な価格で提供するビジネスマーケティング手法。

彼らは、

『素晴らしい製品を作れば、口コミで広がっていくに違いない!』

『口コミで広がれば、広告費など余分な経費もかけずにすみ、たくさんの人たちに、素晴らしい商品を手ごろな価格で提供することができる!』

と考え、“ベストな製品をベストな価格で提供する”ことを目指しました。

情報システムのスペシャリスト、ロバート・クリスチャン

そして、この“紹介方式”を実現させるために、「ロバート・E・クリスチャン」(現CEO)氏を、最後の共同経営者としてライフプラス社に招いたのです。

その後、ロバート・クリスチャン氏は、情報スペシャリストとしても大活躍し、当時のネットワークマーケティング業界の常識を塗り替えるほどの、高度な情報システムを作り上げたのです。

栄養学、薬学における豊富な知識を持つ、ボブ・レモン氏。

ビジネスに対する勘と強い情熱を兼ね備える、ビル・エバンス氏。

製造システムや品質管理の分野に強い、ティム・ノーラン氏。

情報システムのスペシャリストである、ロバート・クリスチャン氏。

ボブ・レモン氏と3人の共同経営者が、それぞれの得意分野を活かし、1つの『夢』に一緒になって歩んでいくことで、ライフプラス社は、現在のような成長を遂げたのです。

医学協会認定の栄養学専門医、ドワイト・マッキィ医師

ドワイト・マッキィ医師の医療関連の経歴は、薬理学、ラボ研究、臨床医学における学術的なバックグラウンドにはじまり、米国東海岸で最初の総合内科クリニックで12年間にわたりメディカルディレクターとして携わった栄養補助薬剤分野の研究と診療にいたるまで、広範囲にわたります。

診療所で癌患者と向き合ったことが、彼の専門知識をさらに広げるきっかけとなりました。

彼は、内科学、血液学、腫瘍学で専門医に認定され、米国各地の一流クリニックで6年間にわたりこれらの分野の診療にあたったほか、免疫学における先端研究にも従事してきました。

アメリカ栄養学会とアメリカホリスティック医学協会認定の栄養学専門医であるマッキー医師は、特殊内科学、栄養科学、補完医学における深くて幅広い多様な経験から、世界でも有数の最も見識ある研究者かつ臨床医とみなされています。

2001年、ボブ・レモン社長と出会ったドワイト・マッキィ医師は、高品質の栄養補助製品を製造し、それを必要とする人々に直接提供するというライフプラスの将来性を確信しました。

そして、ライフプラス製品の製法責任者として現在にいたっています。

現在、ライフプラスがお届けする全製品は、製法責任者であるボブ・レモン社長とドワイト・マッキィ医師の情熱と専門知識から生まれるものです。

最高級の栄養補助製品を誕生させたいという大望で一致団結した二人は、豊富な経験と洞察力をもとに、最先端の製法技術を駆使して製品の開発に取り組んでいます。

その製法こそが、ライフプラスの製品を現在市場で販売されているサプリメントの中でも最高品質の製品として際立たせているものなのです。